仕事をしながらの転職活動は大変です。

仕事が合わない、辛いなどと思った時、転職を考えてしまいます。
しかし、本当に今の仕事を辞めて、転職するにはかなりの勇気とエネルギーが必要です。

私は以前、ようやく仕事が決まって就職したのにも関わらず、すぐにその職場が自分とは合わないことに気が付きました。
私の前任者は4カ月で退職したのを聞いて、自分はそこまで持つかどうかも不安でした。

就職してからすぐに転職を決めたものの、生活のこともあり、やはり次が決まらないと今の職場を辞めるわけにはいきません。
転職を決めてからは、仕事が終わってからハローワークに行く日々が続きました。

いくつか応募して面接も受けましたが、残念ながら採用にはなりませんでした。
今の職場を円満に退職できるかと、転職先へ就職するまでの時間がかかってしまうことが原因でした。

仕事をしながら次の転職先を決めるのは、かなり大変なことです。
私は転職活動に相当の時間と労力を費やしました。その間は転職エージェントを利用していました。

転職を考えていて転職エージェントを利用しないなんて、もったいない!無料で相談できるからまずは相談することをおすすめするよ。
参考:転職カモの転職エージェントランキング/企業を渡り歩く転職カモにお任せ!

できることなら、休職中に転職活動はなるべく早めに決めるのが一番だと思います。

転職前も後も軋轢

自分がどれだけの待遇を受けてきたかによると思いますが、自分が上司から難癖つけられてきたなら、自分も目下には難癖つける傾向が出てきます。貧乏を味わったら、目下にも貧乏を味わわせてやろうとします。えらそうなやつがいたら、隙を見つけて叩くことを考えるでしょう。

そうすると、いやな上司は量産されていきます。上司がおかしい場合も出てきますが、そうすると逆に部下からとばっちりをかますということにもつながってきます。

極力、良好な人間関係の下で仕事をしたいものですが、たまたまの巡り合わせで同じ会社になった人とどれだけ仲良く仕事ができるか微妙です。それに同じ会社でなくても、他社や客や第三者から叩きに会う可能性もあります。

実際、給料を多くもらってそうな感じなら客がそのことを言うし、楽そうにしていたら周囲にいる職場の人が愚痴を言い、客はそっぽを向きます。そのなかで、小憎い人間性は会社に残っていき出世していることがあり、また周囲からあれこれ愚痴を言われていきます。転職した先でも他の何かの軋轢が発生する可能性が大です。

50代の転職

50代での転職には、想像以上のハンデがあります。
例えば、スキルが同じなら若い人を採用して、長く勤めてもらった方がいいですよね。せめて40代ならばと思います。

さらに、受付なんて若くて可愛ければいいみたいなものです。入社してから教育すればいいのです。

受付に限らず50代を採用した場合、教育の時間がないわけですから。
ですから、条件が悪く転職しようとしても、よほど自信のある人でなければ転職なんてできないものです。たとえ、いじめのような事があったとしても。
ハローワークでは、希望の会社に
電話する際には必ず、年齢、性別、名前の順で伝えます。

年齢を聞いて、今まで申し込まれた中から選考しますと何度言われたことでしょう。
ハローワークの方も、そうですかなんておかしいでしょう。

年齢不問と書いてあるのに、やっぱり採用する側にとってはその情報が重要だと知っているからでしょう。

その上、男女雇用機会均等法なんて無視してますよね。
50代、女性の場合もっときびしいものです。

上司が意地悪で会社に行きたくない

去年それまで直属の上司だった方が地方に転勤になり、新しい上司が来ましたが、その人はいわゆるエリートタイプで人情味がない人で皆から煙たがられています。

仕事に厳しいのは大切なことですが、部下を注意する時に必要以上にキツい言葉でその人の人格を否定するような事を言うのには同意できません。

私はどちらかと言えば仕事が遅い方なのでいつも皮肉を言われます。しかし適当に仕事をして間違えるよりも、丁寧に仕事を仕上げるというのが私のポリシーです。
ここ数ヶ月はそんな嫌な上司のいる職場へ行くと頭痛や腹痛と言った身体不調の症状もでてきます。

安定した大企業ですが、こんな嫌な上司のもとで働いてうつ病にでもなってしまったら取り返しがつきません。

そこで思いきって転職を考えています。友達はせっかく入った大企業をやめるのはもったいないから、その上司が他の部署へ配置転換されるのを待つ様にしたらと言います。
しかしこれはいつになるのかわかりません。

今はネットの求人サイトを頻繁にチェックしている毎日です。

転職は本当に難しいですね。

転職はすればするほど難しくなっていくようです。
特に年齢は転職を難しくさせているようです。

転職をするたびに条件が悪くなっていく話は良く聞きます。
どんな職場であっても、転職をする人とそうでない人がいます。

確かにせっかく就職できても、ブラック企業につかまってしまったら、元も子もありません。
仕事よりも自分の命のほうが大切です。
さっさと見切りをつけて、新しい職場を見つけることが肝心です。

転職を成功させることは、本当に大変なことだと思います。
いっそ、企業に勤めないで、起業するという方法も一案だと思います。

企業に勤めれば、そこの仕事のやり方に合わせていかなければなりません。
特に協調性があまりない人にとっては、真面目に勤め続けるのは厳しいかもしれません。

人はそれぞれ自分に合った仕事や、仕事の仕方があると思います。
そこをまず良く考え、どの方法が自分に合っているのかを見極める必要があると思います。
わからなかったら、職業の適性診断を受けてみるのも良いかもしれません。

転職を考えてしまう、会社選びの失敗

上司が文句言いながらも、それで負けてはだめだとも言う、そんな言っていることとフォローが無茶苦茶な人がいます。はたまた、自分の無能を棚に上げ一方的に文句だけを言う、愛情の欠片もない冷徹上司もいます。こういったことは仕事における悩みになっていきます。

それをどう対処していくか、ただただ上司の言うことを鵜呑みにしてればどうにかなるという会社生活は送りがたいものになっているでしょう。会社や職種の選択を間違えたら、こうなります。

仮にそのダメ上司がいなくなったとして、自分でやっていけるかどうか考えてみてもよいかもしれません。仕事は教えてもらわない、全部自分でやるというふうにしてやっていけるかどうかです。

ダメ上司がただの雇われ社員で、当初から現在の地位にいたわけではなく、なんらかの経過でそうなっています。その経過については後から入ったところで、わかりません。ダメ上司になるまでに、何があったかというのは不明です。