50代の転職

50代での転職には、想像以上のハンデがあります。
例えば、スキルが同じなら若い人を採用して、長く勤めてもらった方がいいですよね。せめて40代ならばと思います。

さらに、受付なんて若くて可愛ければいいみたいなものです。入社してから教育すればいいのです。

受付に限らず50代を採用した場合、教育の時間がないわけですから。
ですから、条件が悪く転職しようとしても、よほど自信のある人でなければ転職なんてできないものです。たとえ、いじめのような事があったとしても。
ハローワークでは、希望の会社に
電話する際には必ず、年齢、性別、名前の順で伝えます。

年齢を聞いて、今まで申し込まれた中から選考しますと何度言われたことでしょう。
ハローワークの方も、そうですかなんておかしいでしょう。

年齢不問と書いてあるのに、やっぱり採用する側にとってはその情報が重要だと知っているからでしょう。

その上、男女雇用機会均等法なんて無視してますよね。
50代、女性の場合もっときびしいものです。

上司が意地悪で会社に行きたくない

去年それまで直属の上司だった方が地方に転勤になり、新しい上司が来ましたが、その人はいわゆるエリートタイプで人情味がない人で皆から煙たがられています。

仕事に厳しいのは大切なことですが、部下を注意する時に必要以上にキツい言葉でその人の人格を否定するような事を言うのには同意できません。

私はどちらかと言えば仕事が遅い方なのでいつも皮肉を言われます。しかし適当に仕事をして間違えるよりも、丁寧に仕事を仕上げるというのが私のポリシーです。
ここ数ヶ月はそんな嫌な上司のいる職場へ行くと頭痛や腹痛と言った身体不調の症状もでてきます。

安定した大企業ですが、こんな嫌な上司のもとで働いてうつ病にでもなってしまったら取り返しがつきません。

そこで思いきって転職を考えています。友達はせっかく入った大企業をやめるのはもったいないから、その上司が他の部署へ配置転換されるのを待つ様にしたらと言います。
しかしこれはいつになるのかわかりません。

今はネットの求人サイトを頻繁にチェックしている毎日です。