仕事をしながらの転職活動は大変です。

仕事が合わない、辛いなどと思った時、転職を考えてしまいます。
しかし、本当に今の仕事を辞めて、転職するにはかなりの勇気とエネルギーが必要です。

私は以前、ようやく仕事が決まって就職したのにも関わらず、すぐにその職場が自分とは合わないことに気が付きました。
私の前任者は4カ月で退職したのを聞いて、自分はそこまで持つかどうかも不安でした。

就職してからすぐに転職を決めたものの、生活のこともあり、やはり次が決まらないと今の職場を辞めるわけにはいきません。
転職を決めてからは、仕事が終わってからハローワークに行く日々が続きました。

いくつか応募して面接も受けましたが、残念ながら採用にはなりませんでした。
今の職場を円満に退職できるかと、転職先へ就職するまでの時間がかかってしまうことが原因でした。

仕事をしながら次の転職先を決めるのは、かなり大変なことです。
私は転職活動に相当の時間と労力を費やしました。その間は転職エージェントを利用していました。

転職を考えていて転職エージェントを利用しないなんて、もったいない!無料で相談できるからまずは相談することをおすすめするよ。
参考:転職カモの転職エージェントランキング/企業を渡り歩く転職カモにお任せ!

できることなら、休職中に転職活動はなるべく早めに決めるのが一番だと思います。

転職前も後も軋轢

自分がどれだけの待遇を受けてきたかによると思いますが、自分が上司から難癖つけられてきたなら、自分も目下には難癖つける傾向が出てきます。貧乏を味わったら、目下にも貧乏を味わわせてやろうとします。えらそうなやつがいたら、隙を見つけて叩くことを考えるでしょう。

そうすると、いやな上司は量産されていきます。上司がおかしい場合も出てきますが、そうすると逆に部下からとばっちりをかますということにもつながってきます。

極力、良好な人間関係の下で仕事をしたいものですが、たまたまの巡り合わせで同じ会社になった人とどれだけ仲良く仕事ができるか微妙です。それに同じ会社でなくても、他社や客や第三者から叩きに会う可能性もあります。

実際、給料を多くもらってそうな感じなら客がそのことを言うし、楽そうにしていたら周囲にいる職場の人が愚痴を言い、客はそっぽを向きます。そのなかで、小憎い人間性は会社に残っていき出世していることがあり、また周囲からあれこれ愚痴を言われていきます。転職した先でも他の何かの軋轢が発生する可能性が大です。